ランキングで話題のミネラルファンデーション:ミネファンナビ

含有成分で選ぶ

鏡を持って化粧する女性

古くから日本人にとって白く透明感のある肌は憧れの的でした。
西洋からファンデーションが輸入される前は白粉が人気を博していたのです。
現在透明感のある肌を実現するために選びたいファンデーションと言えば、その色合いも重要ですが、大切なのは「粒子」です。
透明感に大切なのはキメ細やかな塗り心地ですから、粒子が細かいものの方が美しい肌を作る事ができるのです。
また白みの強いファンデーションを使う場合、塗り方のコツがあります。
全体にベッタリとお粉を叩いたり、リキッドを塗るのではなく、光の当たり方を想定して塗る事が大切なのです。
まずは顔の中央において、そこからぼかすように叩いて行けば、白色の浮いた顔になりません。
もちろんベースはあまり白すぎず、ナチュラルな色にする事が大切です。

透明感のある肌を作ろうとする時、どうしても重ね塗りしてメイクが厚くなりがちです。
一方、そのようなメイクでは自然な肌を作る事ができません。
大切なのは事前の色の選択ですが、複数の色を選んだ上で、顔の部位に合わせてファンデーションを塗るようにしましょう。
一般的にベースとなる色は、自分の実際の肌色よりもワントーン明るい色を選ぶのが良いとされています。
次に重要なのは塗る順番です。
盛り上がっているTゾーンを中心に化粧品を乗せたら、そこからぼかすように周辺に広げて行く事がベストです。
自然な仕上がりが実現できます。
また仕上げのパウダーは必ず色の付いていないものを叩き、定着させるようにしましょう。
色がついているものを塗った場合、せっかく作った透明感が台無しになってしまいます。